2018年09月26日

またひとつセダンが...

TOYOTAのマークXが近々生産を打ち切るらしい。
元はマークUというネーミングであり、さらに遡ればコロナからの派生車種だったマークXが
ついにその長き歴史に幕を引く。
トヨタのクルマをこれまでに何台か所有したことはあるけれど、どれもあまりいい印象はなく
20代後半を最後にトヨタとの縁は切れてしまった。

それでもトヨタは世界的な自動車メーカーであり、
その動向はいつも気にはなっていたわけで、中でもセダン冬の時代と言われながらも
レクサスを含めればケッコウな数のセダンを持っていて、そこだけは感心していた。
そんなおりだからマークxの終了は少なからず残念だ。
アグレッシブなスタイルを持つクルマが横行する中ではマークxのエクステリアデザインは
オーソドックスでシックにも見えるけれど、セダンならそのくらいでちょうどイイと思う。
最近は押し出しの強いクルマばかりになってしまった感があるけれど、
少し上等なクルマを求め、
相応に運転することが楽しいセダンを求めている人にはぴったりのクルマだと思う。

しかもすべてのグレードがマルチシリンダー(!)+FRというのが泣かせる。
エコだ省エネだといってみても
やはりマルチシリンダー・エンジンはとても気持ちいい。
それはよほど鈍な人でも数十メートル走ればわかるはずだ。

あ〜それなのに生産終了。まぁカムリがあるからいいのだろうけれど、
個人的にはクルマとしての魅力は圧倒的にマークxの方が上だと思う。
クルマというモノ、ガソリンを食わなきゃそれでいいのか?という話で
別の尺度もあるということだ。

1.JPG
posted by プロデューサー at 12:07|

2018年07月19日

とても楽しいブログを発見

富山に関することを検索していると
いすみ鉄道社長のブログに行き着き、これが楽しいのなんの。

相当楽しい(!)

ブログの主はなんといすみ鉄道の社長で
読み進むうちに鉄道、飛行機にかなり詳しいことがすぐに分かった。
ちょっとググれば国鉄への就職を希望しながら航空会社に就職し
その後も乗り物関係の仕事を経て社長公募によりいすみ鉄道の社長に。
でもその後2018年6月に退任され、現在は前社長のブログとなっている。

自ら鉄道ファンと仰る氏は航空会社にお勤めの経験もあって
飛行機に関する記述もとても面白い。
いちいちごもっともと納得する内容に加え
鉄道、航空ネタ満載のブログは近年巡り合ったブログの中では最高。
めっけもんでした。

特に飛行機と新幹線の関係に触れる「富山へひとっ飛び、富山はひとっ飛び」は最高に楽しく
おもわずひざを打つ内容。
みなさんも是非。
posted by プロデューサー at 14:39| 暮らし

2018年06月22日

のど元過ぎるのが早すぎる(!)

またしてもこの国に大きな地震が襲った。
そしてまたしても家具が倒れたり、ブロック塀が倒れたりして
不幸な事故が起こってしまう。
再選対策なのか、一国の総理大臣までもがブロック塀の緊急点検をと言い出し
マスコミは地震時における家具の倒壊による危険性をアピールしてる。

なにを今さら(!)

まったくこの国の政府も、そして国民もいったい何度大きな災害を経験すれば
家具転倒における危険性、ブロック塀の危険性を学ぶのだろう?
学習能力がないのか、それとも喉元を過ぎれば・・なのか。
私の本業ではすでに2000年以降、新築時にはブロック塀の新設は論外であり
室内に設える家具のすべてを転倒の恐れがない低いモノだけとしている。
それらは新築時ならすぐにでもできることであり、
リフォーム時でも少しの工夫で予算内に留めることはできるはずだ。

だというのに、近年だけでも甚大な被害を出す大きな地震を何度も経験しておきながら
いったいこの国、そしてこの国の国民はどうなっているのだろう?
防ぎようのない災難は確かにあるけれど、
災難を未然に防ぐことができるのも事実だ。
悲しみを繰り返すのはもうヤメにしてほしいと願わずにはいられない。

16.jpg

posted by プロデューサー at 21:08| 暮らし

2018年06月20日

うれしいような怖いような・・・

レッドブル(アストンマーティンレッドブルレーシング)が来季からホンダのF1エンジンの
供給を受けるとの発表があった。
これでPUの供給先はトロロッソとレッドブルのふたつになる。
PUの供給先が二つになればデータも多く収集できるし
ドライバーもリカルドとフェルスタッペンのベテランが加わり
ポイント獲得の機会がより増えることになるはず。

ただ心配なのはイギリス色がより濃くなり、大丈夫かぁ?とも思っている。
レッドブルの本拠地はイギリス・ミルトンキーンズで
さらに昨年からアストンマーティンがレッドブルに加わわったことで
ジュニアチームのトロロッソよりも格段にイギリス色が強くなってるような気がする。

個人的にイギリスのクルマはどれも大好きなんだけれど、
いざ商売のパートナーとなるとハナシはべつで
市販車の分野でもホンダは過去にローバーとの苦い経験があるし
昨年までのF1の相棒役だったマクラーレンとの間も
決して和気あいあいではなかった。

今シーズンのホンダPUは大きなトラブルなくレースを続けていて
ポイントも少しは獲得しているけれど、まぁドライバーが新人のアンチャンなので
過大な期待もしていない。
本番は来期。
本家のレッドブルにホンダPUを搭載してからだ。
大丈夫かなぁ〜

15JPG.JPG

posted by プロデューサー at 12:20| 暮らし

2018年06月05日

鉄道ジャーナル

”県境を越える”という魅力的な見出しが気になって
久しぶりに鉄道ジャーナル誌を買う。
上越線や上越新幹線を使って清水トンネルや大清水トンネルを超えるという内容で
沿線には水上温泉や湯檜曽、日本一のモグラ駅である土合駅など
このジジィを愉しませてくれるトピックは多い。

13.jpg

本編の前にいくつかのエッセイがあり、そのひとつに目が留まる。
長距離フェリーは復権するか?という内容で
ここのところのトラック業界の人手不足で、フェリー業界は活況を帯びているらしく
新造船もいくつか登場しているらしい。
それはJR貨物も同様らしく、ながらく赤字続きだった業績が
2016、2017と二期連続で黒字を計上したとのこと。

ただどちらもトラック輸送頼みの内容で
船内のキャビンはあくまでも大量輸送が前提となっていて
一部の航路ではとても一般旅行者が利用するとは思えない
そんな貧乏くさいシップしか用意されていない。
自分も東京〜徳島の長距離フェリーで旅を計画したことがあるけれど、
殺風景なキャビンに加え、食事は売店のカップ麺とスナックが頼りで
あまりの貧乏臭さにすっかり萎えてしまったことがある。

一般の旅客を取り込もうとすると
この国の企業は豪華にするか、あるいは安価にするかの二通りしか策を思い付かないようだけど
社交ダンスも足を延ばせる湯船も品数の多いバイキング料理も要らない。
決して豪華ではないけれど快適なキャビンと
甲板で夜空に横たわる天の川をいつまでも楽しめる
そんな静かな環境があれば、船旅は一般のツーリストにも積極的に選ばれると思うけれど
まぁこのニッポンじゃ実現は無理だろうなぁ・・・

posted by プロデューサー at 14:07| 暮らし