2019年02月19日

旅のアシ

NHKのネットニュースを見ていたら、JR東日本管内で列車の車内販売を大幅に縮小するとあった。
理由はコンビニの普及により売り上げが大きく落ち込んだらしく
休止とするとのこと。

これまで鉄道会社は利用率の低下を理由に、様々な鉄道旅の魅力を自ら手放してきた。
寝台列車がそうであり、夜行列車がそうであり、コンパートメントがそうであり
食堂車がそうであり、そして最後には車内販売まで止めると言い出した。

利用が低迷するから仕方がないじゃないかと鉄道会社は言うけれど
それはセダンが売れないからと荷車みたいなクルマばかり連発する自動車界によく似ている。
もう少し工夫すれば寝台列車も車内販売も夜行急行もセダンも
もっと元気に生き残れたのではといつも思うのだけれど
人材育成よりも即戦力が幅を利かせる今日では
チマチマと努力して食堂車や車内販売を残そうとは誰も考えないか?

かつて旅のアシには極力鉄道を選んでいた自分も、最近はめっきり航空機派になってしまった。

新幹線も含めた鉄道の旅は今や完全に貨客列車と化したようで
そもそも罵声とも思えるようなホームアナウンスを聞いているだけで
旅情などという情緒的な感情など吹き飛んでしまう。
航空機なら静かなラウンジでドリンクなど愉しみながら過ごすことができる。
最近は車内で湯船に浸かれる列車が登場したらしいけれど
私に言わせれば好きな人はお好きにどうぞというレベルにしか思えない。

春の風が吹く頃になると、そろそろホタルイカの季節だ。
シュッとひとっ飛び、ご相伴にあずかりに行こうか。


1.jpg




posted by プロデューサー at 12:58|