2018年10月10日

紅葉旅行

季節ごとに美しい景色を愉しむのは日本に生まれた特権。
なかでも風もなく、ただひたすら降り続ける梅雨の頃と紅葉の時期は格別だ。

いつも紅葉を愛でるのは奥飛騨から富山へかけてのルート。
飛騨といっても混雑する高山市内ではなく
富山といっても朝の通勤電車並みに(それ以上か?)混雑する立山黒部アルペンルートの
どちらでもない。目的地はどこもガイドブックになど紹介されていないから
最近急に小金を貯めこんだ、やたら大声で会話するアジア系観光客はもちろん
日本人観光客もほとんど訪れない場所で、ひたすら紅葉を堪能できる。

紅葉は標高でいえば1000mを超えたころからその鮮やかさを一段と増すから
我が家の紅葉旅行は山間地中心だけれど、そういうところに思いもかけないいい宿があったりする。
そんな風だから、我が家はイロハモミジと観光客ばかりの神社仏閣にはまるで興味がナイ。

ホテルの手配をすっかり済ませ、毎日目的地のWEB Camera を覗いていると
なんと目的地の紅葉は例年よりずいぶんと早く、すでに見頃を迎えている。
例年なら10月の20日前後が見ごろで、それに合わせて日程は組んであるけれど
ま、自然相手だから仕方がない。
奥飛騨にも富山にも、旨い食材には事欠かないからそれでヨシとするか。

4.jpg
posted by プロデューサー at 11:58| 暮らし