2018年06月22日

のど元過ぎるのが早すぎる(!)

またしてもこの国に大きな地震が襲った。
そしてまたしても家具が倒れたり、ブロック塀が倒れたりして
不幸な事故が起こってしまう。
再選対策なのか、一国の総理大臣までもがブロック塀の緊急点検をと言い出し
マスコミは地震時における家具の倒壊による危険性をアピールしてる。

なにを今さら(!)

まったくこの国の政府も、そして国民もいったい何度大きな災害を経験すれば
家具転倒における危険性、ブロック塀の危険性を学ぶのだろう?
学習能力がないのか、それとも喉元を過ぎれば・・なのか。
私の本業ではすでに2000年以降、新築時にはブロック塀の新設は論外であり
室内に設える家具のすべてを転倒の恐れがない低いモノだけとしている。
それらは新築時ならすぐにでもできることであり、
リフォーム時でも少しの工夫で予算内に留めることはできるはずだ。

だというのに、近年だけでも甚大な被害を出す大きな地震を何度も経験しておきながら
いったいこの国、そしてこの国の国民はどうなっているのだろう?
防ぎようのない災難は確かにあるけれど、
災難を未然に防ぐことができるのも事実だ。
悲しみを繰り返すのはもうヤメにしてほしいと願わずにはいられない。

16.jpg

posted by プロデューサー at 21:08| 暮らし